narutaki.net

【鳴滝紳吾】人生は、エンターテインメントだ。-"売らない"バンドでメシをくう-

PLAYGROUND

【ドラムあるある3選】ドラマーは本当は目立ちたい?

1.本当は目立ちたいドラマー

こんにちは。「”売らない”バンドでメシを食う」鳴滝紳吾です。

僕は、15年ほどドラムをやっています。

高校3年から始め、幸せなことに24歳の時にアマチュアバンドコンテストで優勝したり、ドイツで大型フェスに出演したり、その流れで大きな会場でワンマンライブを開催しインディーズデビューしました。

その縁もあり、アマチュアからプロまでたくさんのドラマーにお会いしてきた中で共通して感じたことがあります。

ドラマーは本当はどのパートよりも目立ちたい

これ、結構あります。
意外と、「一番目立つ」と思って始めたけど実はそうでも無いというパターン。

ドイツのフェスでは大好きなバンドも出演していました

2.ドラマー同士の会話が盛り上がる

打ち上げなどで、気がつくとドラマーだけが一か所に集まっていたりする。

会話の内容は、機材の話や好きなフレーズ。

あと、よく聞く話が

曲のアレンジで話についていけず、ぼっちになる

ギターやベースのコードの話とか、わからない人は置いてきぼりにされたりします。

SONORと小出シンバルの組み合わせが最高です

3.バンドの裏方が多い

もちろんバンドには「リーダー」のようなポジションの人がいます。
主にギターやボーカルの人が多いような感じがします。

その裏で、事務的な作業をしたりすることが多いのが実はドラマーだったりします。(諸説あり)

ドラマーには「パワー系」の、叩くことだけに集中するタイプと、
「頭脳系」の、マルチなタイプの2つがいます。

これを読んでいるドラマーのあなたは、どうですか?

毎月【ドラム会】を開催しています

千葉県八千代市、八千代台PLAYGROUNDにて毎月「#どらプレ」と称してドラム会を開催しています。

ドラムのパーツを分解して1人1パーツを担当し「全員で」演奏してみたり、完全ドラマー目線でイベントを企画しています。

PLAYGROUNDで、月1で楽しみましょう!!

SHARE WITH